【AQUOS zero2】SH-01Mカメラのきれいな撮り方や機能をご紹介

AQUOS zero2 SH-01Mのカメラには、自撮りをきれいに撮れる機能や、撮影した被写体やテキストをすばやく調べることができる機能などがあり、活用すれば撮影をより楽しめます。

撮影メニューを変更する

1.カメラを起動し、左下の「AUTO」アイコンをタッチします。

2.撮影メニューが一覧で表示されます。ここでは「モノクロ」をタッチします。

3.撮影メニューが「モノクロ」に切り替わり、白い◯のアイコンをタッチするとモノクロ写真が撮影できます。もとに戻すには、手順2の画面で「AIオート」をタッチします。

マニュアルモードで設定を調整する

1.カメラを起動し、「AUTO」アイコンをタッチします。

2.「マニュアル」をタッチします。

3.マニュアルモードに切り換わり、設定値を調整できるようになります。

4.上部の項目をタッチすると、設定値の調整画面が表示されます。

Google Lensで撮影したものを素早く調べる

1.カメラを起動し、左下の□アイコンをタッチします。

2.被写体を写すと、調べることができる被写体がアイコンで表示されます。アイコンをタッチします。

3.被写体が自動的に検索されます。リンクをタッチします。

4.さらに詳しく調べることができます。

セルフタイマーを利用して撮影する

1.カメラを起動し、3つのドットアイコンをタッチします。

2.「共通」をタッチして、「セルフタイマー表示」をタッチし赤いスイッチにします。

3.手順1の画面に戻ると「OFF」が表示されているので、これをタッチするとセルフタイマーがセットされます。なお、セルフタイマーは5秒と10秒でセットできます(インカメラでは3秒と5秒)。

4.白い◯のアイコンをタッチすると、セットしたセルフタイマーの秒数後に撮影されます。