【AQUOS zero2】伝言メモの使い方

AQUOS zero2 SH-01Mでは、電話を取れないときに本体に伝言を記録する伝言メモ機能を利用できます。有料サービスである留守番電話サービスとは異なり、無料で利用できるのでぜひ使ってみましょう。

伝言メモを設定する

1.電話アプリを起動して、画面右上の3つのドットアイコンをタッチし、「設定」をタッチします。

2.「設定」画面で「通話」→「通話音声・伝言メモ設定」→「ON」の順にタッチします。

3.「通話音声・伝言メモ」画面で「応答時間設定」をタッチします。

4.応答時間をドラッグして変更し、「設定」をタッチします。留守番電話サービスの呼び出し時間より短く設定する必要があります。

伝言メモを再生する

1.不在着信と伝言メモがあると、ステータスバーにカセットアイコン(ビデオアイコン)が表示されます。ステータスバーを下方向にドラッグします。

2.ステータスパネルが表示されるので、伝言メモの通知をタッチします。

3.伝言メモリストから聞きたい伝言メモをタッチすると、伝言メモが再生されます。

4.伝言メモを削除するには、「削除」をタッチします。

通知がない場合の再生方法

ステータスバーの通知を削除してしまった場合は、上記の手順3の画面で「伝言メモリスト」をタッチします。あとは手順3以降と同じです。