【AQUOS zero2】ドコモのID・パスワードを設定する方法

AQUOS zero2 SH-01Mにdアカウントを設定すると、NTTドコモが提供するさまざまなサービスをインターネット経由で利用できるようになります。

また、あわせてspモードパスワードの変更も済ませておきましょう。

dアカウントとは

「dアカウント」は、NTTドコモが提供している様々なサービスを利用するためのIDです。dアカウントを作成し、AQUOS zero2 SH-01Mに設定することで、Wi-Fi経由で「dマーケット」などのドコモの各種サービスを利用できるようになります。

なお、ドコモのサービスを利用しようとすると、いくつかのパスワードを求められる場合があります。このうちspモードパスワードは「お客様サポート」(My docomo)で確認・再発行できますが、「ネットワーク暗証番号」はインターネット上で確認・再発行できません。

契約書類を紛失しないように気をつけましょう。さらに、spモードパスワードを初期値0000のまま使っていると、変更をうながす画面が表示されることがあります。

その場合は、画面の指示に従ってパスワードを変更しましょう。なお、ドコモショップなどですでに設定を行っている場合、ここでの設定は必要ありません。

ドコモのサービスで利用するID/パスワード

ネットワーク暗証番号

お客様サポート(My docomo)や、各種電話サービスを利用する際に必要です。

dアカウント/パスワード

Wi-Fi接続時やパソコンのWebブラウザ経由で、ドコモのサービスを利用する際に必要です。

spモードパスワード

ドコモメールの設定、spモードサイトの登録/解除の際に必要です。初期値は「0000」ですが、変更が必要です。

dアカウントとパスワードはWi-Fi経由でドコモのサービスを使うときに必要

4G/LTE回線を利用しているときは不要ですが、Wi-Fi経由でドコモのサービスを利用する際は、dアカウントとパスワードを入力する必要があります。

dアカウントを作成する

1.設定アプリを起動して、「ドコモのサービス/クラウド」をタッチします。

2.「dアカウント設定」をタッチします。

3.「ご利用にあたって」画面が表示されたら、内容を確認して、「同意する」をタッチします。「はじめに」画面が表示されたら、「次へ」をタッチして進みます。

4.「dアカウント設定」画面が表示されるので、新規に作成する場合は、「新たにdアカウントを作成」をタッチします。

5.「dアカウント作成状況」画面が表示された場合は、「新たにdアカウントを作成する」をタッチします。

6.「アカウントの選択」画面で設定内容を通知するためのアカウントを選択します。ここではGoogleアカウントをタッチして、「OK」をタッチします。

7.連絡先メールアドレスを選択します。ここでは「Gmail」をタッチします。

8.「ID設定」画面が表示されます。好きなIDを設定する場合は、◯をタッチして赤丸にし、IDを入力して、「設定する」をタッチします。

9.dアカウントで利用するパスワードを入力して、画面を上方向にスライドします。

10.氏名、フリガナ、性別、生年月日を入力し、「OK」をタッチします。

11.「ご利用規約」画面が表示されたら、内容を確認して、「同意する」をタッチします。

12.dアカウントの作成が完了しました。画面を上方向にスライドします。

13.生体認証の設定は、ここでは「設定しない」をタッチして、「OK」をタッチします。

14.「アプリ一括インストール」画面が表示されたら「今すぐ実行」をタッチして、「進む」をタッチするとdアカウントの設定が完了します。

spモードパスワードを変更する

1.dメニューを表示し、「お客様サポート」→「設定(メール等)」の順にタッチします。

2.画面を上方向にスライドし、「spモードパスワード」→「変更する」の順にタッチします。dアカウントへのログインが求められたら画面の指示に従ってログインします。

3.ネットワーク暗証番号を入力し、「認証する」をタッチします。パスワードの保存画面が表示されたら、「使用しない」をタッチします。

4.現在のspモードパスワード(初期値は0000)と新しいパスワード(不規則な数字4文字)をタッチします。

spモードパスワードのリセット

spモードパスワードがわからなくなったときは、手順2の画面で「リセットする」をタッチし、画面の指示に従って暗証番号などを入力して手続きを行うと、初期値「0000」にリセットできます。