【AQUOS zero2】ステータスパネルの利用方法

ステータスパネル上の機能ボタンは、AQUOS zero2 SH-01Mの主な機能をかんたんに切り替えられるほか、状態もひと目でわかるようになっています。ほかにもドラッグ操作で画面の明るさも調節できます。

ステータスパネルを展開する

1.ステータスバーを下方向にドラッグすると、ステータスパネルと機能ボタンが表示されます。機能をボタンをタッチすると、オン・オフを切り替えることができます。

2.機能ボタンが表示された状態で、さらに下方向にドラッグすると、ステータスパネルが展開されます。

3.ステータスパネルのgまえんを左方向にフリックすると、次のパネルに切り替わります。

そのほかの表示方法

ステータスバーを2本指で下方向にドラッグして、ステータスパネルを展開することもできます。

ステータスパネルを非表示にするには、上方向にドラッグするか、<をタッチします。

ステータスパネルの機能ボタン

タッチで機能ボタンのオン・オフを切り替えられるだけでなく、機能ボタンによっては、ロングタッチすると詳細な設定が表示されるものもあります。

Wi-Fi

Wi-Fi(無線LAN)をオンにし、アクセスポイントを表示します。

Bluetooth

Bluetoothをオンにします。

マナーモード

マナーモードに切り替えます。

ライト

AQUOS zero2 SH-01Mの背面のライトを点灯します。

自動回転

AQUOS zero2 SH-01Mを横向きにすると、画面も横向きで表示されます。

機内モード

すべての通信をオフにします。

位置情報

位置情報をオンにします。

リラックスビュー

目の疲れにくい暗めの画面になります。

アクセスポイント

Wi-Fiテザリングをオンにします。

NFC

NFCをオンにします。

長エネスイッチ

バッテリーの消費を抑えます。

同期

Googleサービスの自動同期を有効にします。

画面のキャスト

対応ディスプレイやパソコンにWi-Fiで画面を表示します。

グローブモード

手袋をつけていてもタッチ操作が行なえます。

Dolby Atmos

動画などの高性能な音響で再生できます。